むちゃ食い障害、さようなら

 
むちゃ食い障害治すには、あなた自身についてのちょっとした、5つの見直しが必要です。

治すためにまず知っておく必要がある事実として、むちゃ食い障害というのは、ただの食べ過ぎとはかなり違っています。 食べすぎは、本当にただの食べ過ぎであって、その時だけの行為に過ぎません。

あー 食べ過ぎた。 でも美味しかった。 久々に少し食べ過ぎたなー 

で終わりです。

食べ過ぎる日もあれば、そんなに食べない日もあって、色々な日があるうちの1つに過ぎません。

それに対し、むちゃ食い障害というのは、パターンの持続性、習慣性が特徴になります。 まるで毎日行わなければならないルーティーンの一部として組み込まれてしまったような感じと言えるでしょう。

場合によっては強迫的に行う、つまり歯磨き、顔洗いのように、「やらなければならない行為」のようになってしまっているのです。

これはむちゃ食い障害になったことがない人たちには分からないこと。そういう人たちは、ただの食べ過ぎ、それが意思が弱くて止められない、といった程度にしか考えていません。